就職ナビ

MENU

就職ナビ

就職ナビでは、初めての就職活動に役立つ情報や、就活の面接の実践トレーニングや注意点、スーツや身だしなみなどをわかりやすく解説しています。就職活動に関する情報は当サイトで。。

就職ナビ記事一覧

就職活動を始める前に、事前知識として、これだけはあらかじめ知っておきたいことを簡単に書いておきます。まず、就活の第一歩は、仕事の選択になります。どんな仕事に向いているか、あるいはチャレンジしたいのか、がしっかり分析できれば、その就職先は、あなたにとって適職になるでしょう。しかし、初めての就職活動では、なかなか、そのような自己分析ってできない方もいらっしゃるかもしれません。幸い適性検査や、就活のため...

就職サイトには、2種類あります。まず、マイナビや日経ナビ、リクナビなどは、就職サイト登録業務を専門で行っています。マイナビ・日経ナビ・リクナビは、就職情報の大手企業のサイトになります。もうひとつは、一つの企業が単独で行っています。こちらの方は、企業自体で、採用数を確保しようという狙いです。さて、どこの就職サイトに登録するのがいいのでしょうか。登録数の多いところでは、ダントツにリクナビです。そして、...

みんなの就職活動日記2008は、求職登録者が50万人以上あり、企業も17000を超えています。このサイトは必見です。まず、登録されている企業から、OB訪問について、説明会日時、入社試験の日程や内容、面接日程、内定状況などの就職情報がタイムリーに得られます。この掲示板の就職体験談は、5万人もの人が書き込んでいます。しかも、有名企業の内定情報ばかりなんです。また、先輩の内定体験記を読めます。しかも、3...

就職活動の面接は、企業が求めている人物像かどうかを判断するために行われます。しかも、短時間ですから、できるだけマイナス点がつかないように準備したいものです。理想を言えば、責任感が強くて、積極的で、創造性があって、リーダーシップがあり、向上心・学習意欲も旺盛である、というのでしょう。しかし、これらいくつもの能力は、短時間の面接では、絶対にわかりません。最低限、就職活動の面接では、服装や髪形をきちんと...

就職面接の質問の傾向の特徴は、ズバリ、具体的に即戦力化を含めて、基本的なビジネススキルを問われるようになってきています。たとえば、仕事への積極性、取組みやチームでの協調性の確認をすることに加え、あなた自身が培ってきた業務に関する能力とか資質を評価するようになってきたのです。もともと、日本の企業では、職場の協調性を重視する傾向がありました。古来より、聖徳太子の「和をもって尊しとなす」という教えがある...

就職活動のはじめの一歩は、しっかりとした志望動機を組み立てるために、志望企業の情報を徹底的に調査します。自分が行きたい企業ですから、どんな事業をやっているのか、今年度の目標は何か、企業がなにをベースに業務運営しているのか、どんな事業に力を入れているのか、を調べます。それらの情報を調査した上で、自分が得意なこと、持っている資格やスキルと照らし合わせ、入社意欲の強さと、入社したい理由を明確に表します。...

就職活動の最終面接は、大企業だとたいてい役員です。中小企業だと社長自らが面接することもあります。大企業の場合、だいだいの採用人数は決まっており、もちろん会社にもよりますが、人事課長の段階で、おおよその合格は決まり、当初の採用計画数より少し多めの人数まで選考を絞ります。一般に人事課長は、最終面接の一歩手前で、面接します。人事課長が「入社候補」とした人を役員に引き合わせるわけです。ですから、この時点で...

就職活動の髪型は、もちろん学生時代のものとは違います。受ける会社の先輩に会えれば、一番いいですね。その先輩の髪型をマネすればいいのですから。一般に就職活動でのみだしなみでは、清潔感や若い人らしいはつらつさが求めれます。男子でしたら、茶髪は論外、黒にして、目や耳にかからない程度の短めにします。もちろん業種にもよりますが、一部上場企業などは、まず茶髪じゃ無理でしょう。このあたりは、女子学生が就職活動を...

新卒者の就職にとって、いい時期も悪い時期もあります。少子化の影響とアベノミクスで右肩上がりの就職環境。ちょうど、就職活動は、10月ごろからではないでしょうか。かつては株価の下落によって、すでに内定をもらっている企業から、「内定取り消し」もあるというから驚きです。たいへんなことになりました。しかし、あらかじめ対策をとることによって、難関の会社へのゴールもできると思います。まずは、会社選びですね。「興...

公務員試験には、筆記試験と、面接試験があります。公務員は、国から厳正に選ばれなければならないので、両方とも厳正に実施されます。これは、法律で決まっているからです。筆記試験には、多くの場合、一般常識試験が必ず入ります。レベルによっては、相当時間筆記試験の対策に時間を取られるかもしれません。そして、筆記試験合格後に、公務員の面接試験が行われます。公務員試験の面接試験も、一般企業と変わるところはありませ...

日産自動車の就職試験の特徴を紹介しましょう。日産自動車の就職試験を受けるには、まずエントリーシートを提出することから始まります。一般的に。企業では、エントリーシートの提出後に、筆記試験、その後に面接試験があります。公務員の就職活動では、公正を期すために、筆記試験に重きを置いていますが、民間企業では、多くの場合、「人物本位の面接試験が重要視される傾向にあるので、注意が必要です。もちろん、筆記試験をお...

トヨタ自動車といえば、もはや、世界ブランドになっています。北米、南米、東南アジア、中東、ヨーロッパ、ロシア、そして、北京五輪のあった中国でも最高級車として販売されています。まさに日本の国力の象徴のような会社です。以前は、販売会社と製造会社が分かれていて、トヨタ自動車販売とトヨタ自動車工業がありましたが、合併してトヨタ自動車株式会社になり、いまや世界中をマーケットに商売をしている大企業です。ですから...