就職活動の最終面接を突破

MENU

就職活動の最終面接を突破

就職活動の最終面接は、大企業だとたいてい役員です。中小企業だと社長自らが面接することもあります。大企業の場合、だいだいの採用人数は決まっており、もちろん会社にもよりますが、人事課長の段階で、おおよその合格は決まり、当初の採用計画数より少し多めの人数まで選考を絞ります。一般に人事課長は、最終面接の一歩手前で、面接します。

 

人事課長が

 

「入社候補」

 

とした人を役員に引き合わせるわけです。ですから、この時点で、人事課長が、変わった人材を役員に引き合わせるはずがありません。人事課長も役員から評価を受けています。
採用人数や採用の質などを人事課長は問われるわけです。最終面接までこぎつければ、内定まであと一歩だといえるでしょう。

 

だからといって役員面接をなめてはいけません。
大手企業の場合、数あるライバルの競争に打ち勝って役員になった方々です。
人を見抜く力は人一倍もっています。

 

最終面接で判断されるのは、人間性、ビジネス能力、価値観、入社意欲の高さなどを総合的に判断されます。相手は、大手企業の役員です。付け焼刃な面接態度では、化けの皮がはがれます。素直に正々堂々と落ち着いて面接をうけましょう。中小企業の社長面接も同じこと。全責任を負って仕事に精進している社長です。人を見る目は、大企業の役員より厳しいかもしれません。

 

一般に役員や社長の方は「活きのいい新入社員」を好むものです。

 

発言は、「大きな声で、はっきりと」しましょう。

 

そして、内定が出た場合、入社意欲満々な雰囲気を出しましょう。

 

もともと、就職活動での最終面接は、各部門(おもに人事・総務)の選考に残った人が受けるものです。自分のもっている全てを出す覚悟で臨みましょう。

関連ページ

就職活動を始める前に
就職活動を始める前にどんな心構え、準備をしたらいいのでしょうか?まとめてみました。
就職サイトに登録してみよう
就職サイトに登録してみましょう。面接などの情報がタイムリーに入りますよ。
みんなの就職活動日記を利用しよう
みんなの就職活動日記を利用しよう。きっといいことあるよ。
就職活動の面接の注意点
就職活動の面接の注意点についてまとめてみました。
就職面接の質問傾向はこれだ。
就職面接の質問傾向はこれだ。決めてかかってはいけないですけどね。でも、大体決まってるのは確か。
就職活動は志望動機でアピールしよう
就職活動は志望動機でアピールしよう.。とっても大事です♪
就職活動の髪型
就職活動の髪型について紹介しています。
就職面接試験が勝負
筆記試験より大事な就職面接試験。まさに勝負ですね。
公務員試験の面接対策
公務員試験の面接対策についてまとめてみました。
日産自動車の就職試験
日産自動車の就職試験を紹介します。
トヨタ自動車の就職試験
トヨタ自動車の就職試験について紹介しています。