就職活動の面接

MENU

就職活動の面接

就職活動での面接にはいろんなパターンがあります。個人面接、集団面接、段階別の面接などがあります。

 

おそらく、大学や専門学校の就職部でも、面接に関してはくどいほど指導があると思います。

 

また、みんなの就職活動などのサイト情報をのぞけば、いっぱい面接の情報が得られるでしょう。

 

「今日はこんな話を聞いた」とか「今日はこんな質問を受けた」とか。実際に、個々の企業でも面接は、選考上、重きを置いています。

 

ですから、対策を講じておくことはとても大事になりますが、やっかいなことに正解がありません。

 

むしろ、面接の目的から考えて対策を計画しましょう。

 

まず、面接で大事なのは、「この学生が将来、自分の会社で使えるかどうか」です。

 

わずかな時間の面接で、わかるはずもないと思うでしょうが相手も面接のプロ。短時間で、人物を見抜く訓練をしています。ごまかしはきかないと思っておいたほうがいいです。

 

が、実際の面接で、緊張してしまった、なんてことはありがち。上がることは決してデメリットではありません。

 

緊張してしどろもどろになりながらも、一生懸命自分の言いたいことを伝えようとする、ここが大切なのです。ですから、よく言われるように「熱意」の部分ですね。

 

単なる「言葉」を伝えるのではないですよ。

 

そして、次に責任感を見られます。任せた業務をしっかりやってくれるかどうか、ここが責任感です。

 

最後に会社は一人のものではありません。職場での人間関係が円滑になるような、協調性を見られます。

 

ここでは、自分のやってきた部活、サークル、バイトなどの経歴でアピールしていきます。

関連ページ

新卒の就職
新卒の就職はどうでしょうか?
人気の職種について
人気の職種についてまとめてみました。
新卒者の自己PR
新卒者の自己PRについてまとめてみました。