人気の職種について

MENU

人気の職種について

人気の職種というのは、新卒者でも、変遷していきます。

 

例年、就活時期になると、週刊誌など学生の就職人気ランキングが出ます。

 

一般に,好景気の時は、総合商社・金融機関・生損保などに人気が集まり、不景気の時は、公務員や、手に職が身につく職種に人気が集まります。

 

医療・看護系などですね。まあ、新卒者の就職は自分の一生を左右する選択だけに当然の事かもしれません。

 

しかし、いつの時代でも、流行に左右されない人もいますので、自分のやりたい仕事があれば、思い切ってチャレンジしてもいいですね。

 

人気の職種は、1970年代までは、大手商社、都市銀行が憧れの仕事でした。当時五大商社といえば、三菱商事・三井物産・住友商事・伊藤忠・丸紅でした。これらの会社は今でも大手総合商社です。

 

銀行は、第一勧業銀行・富士銀行・住友銀行などが都銀の代表でいわゆるエリートの人が就職していましたが、今は、東京三菱・三井住友・みずほと、名前はすっかりなくなってしまいました。

 

ですから、大企業とは言え、安泰な会社などないのですね。

 

1990年代になると中国などの新興国が急成長し始め、メーカーに人気が集まるようになりました。自動車をはじめ、船舶まで輸出先が爆発的に増えたので、忙しくなったのです。

 

その後少し金融・商社に人気が戻りましたが、2000年は、メーカーに人気が集まり、2010年は、マスコミ系に人気が集中しています。

 

このように、人気企業は変遷していくので、就職を決定する際には、参考程度にし、自分の興味、やりがいを考えたほうがいいと思います。

関連ページ

新卒の就職
新卒の就職はどうでしょうか?
就職活動の面接
就職活動の面接についてまとめてみました。
新卒者の自己PR
新卒者の自己PRについてまとめてみました。