資格を比較

MENU

資格を比較

就職に有利な資格の紹介です。

資格を比較記事一覧

通信講座は、現に仕事をしている人や、子育て中の主婦の方など、在宅で資格が取得できるということで、人気です。通信講座の内容は、各資格試験の試験範囲を過去問を中心に学習していきますので、ある意味では効率的な資格対策ができます。ですから、カリキュラムを日々こなすことによって、自然と資格取得に必要な、基礎知識から解答力まで、自然と身に着くようにできています。また、個人個人のペースでできるのも魅力です。この...

資格を取得しようと人は、キャリアのひとつとして考えている人が多いでしょう。中には資格マニアといって、資格を取ることを至上の楽しみとしている人も少なからずいらっしゃいます。資格取得のメリットは、まず自分の持っている能力を客観的に証明できることでしょう。業務に関係のある資格を取得しておれば、それだけで、転職に、就職に有利になるかもしれません。ましてや、企業になくてはならない資格を有していれば、断然就職...

資格選びで大切なのは、目的をはっきりさせること。これに尽きます。たとえば、会社の業務に役立てたい、昇格・昇給目的のため、あるいは、就職・転職のためや独立のためなどにより、選ぶ資格は当然変わってきます。そして、それぞれの資格を取る際に、学習期間や学習時間も変わってきますので、なにが自分に一番必要なのかを理解しましょう。たとえば、「たくさん資格を持っている」ことが趣味の資格マニアの方でしたら、できるだ...

資格は、国が行って認定する国家資格と民間企業などが認定する民間資格のふたつに大きく分けられます。国家資格は、法律に基づいて実施されているため、厳正に運営されます。受験資格や試験方法など、細かく法律で規定されています。特に、国家資格を持っていなくてはできない業務を業務独占資格といいますが、たとえば、医師法における医師だけが行えるの業務範囲や弁護士法に規定されている弁護士のみが行える、業務などがありま...

就職や転職に役立つ資格は、あります。ですが、資格を持っているかどうかだけで、企業が採用するか、というとそうではありません。企業というのは、人の集合ですから、周りの人間との協調性や、リーダーであれば、目標遂行能力など、全人格的なスキルが必要なのです。それらの基本的なビジネススキルを持っている上でなら、資格の有無は、就職や転職にズバリ役立つと言っていいでしょう。さて、具体的に、就職・転職に役立つ資格を...

専門学校は、資格取得への最短距離でしょう。大学は、一般教養も含めて、総合的な学問を学ぶ場です。最近は、資格に特化したカリキュラムを組んでいる大学も出てきてはいるようですが、しかし、一般教養科目があるのも事実です。もし、取得したい資格が決まっているのであれば、また、その資格を職業としようとするならば、専門学校の方がよいでしょう。大学に比べて、資格にかかわる実習が、多く組み込まれているのです。しかも、...

ユーキャンは、CMを積極的に行っていて、資格取得・生涯学習のパイオニアとして多くの人に知られています。ユーキャンで人気の資格といえば、法律関係では、行政書士、独立開業を目指す資格として、先の行政書士とともに、社労士・中小企業診断士・FP(ファイナンシャルプランナー)、介護系の資格として、社会福祉士・介護福祉士、転職や就職に有利な資格として、宅建主任・旅行管理者・医療事務など多数、コンピュータ系の資...