国家資格と民間の資格を比較してみよう

MENU

国家資格と民間の資格を比較してみよう

資格は、国が行って認定する国家資格と民間企業などが認定する民間資格のふたつに大きく分けられます。

 

国家資格は、法律に基づいて実施されているため、厳正に運営されます。受験資格や試験方法など、細かく法律で規定されています。特に、国家資格を持っていなくてはできない業務を業務独占資格といいますが、たとえば、医師法における医師だけが行えるの業務範囲や弁護士法に規定されている弁護士のみが行える、業務などがあります。

 

これら、業務独占資格を有する国家資格は、難易度がきわめて高くなっています。

 

逆にいえば、これらの資格を取得するだけで、国家から職業上の身分を保障されているのと同じことになります。一生ものの資格といってもいいでしょう。

 

一方、民間で実施している資格には、さまざまなものがあります。流行のご当地検定から商工会議所や公益法人が主催しているものまで、まさに玉石混交といったイメージでしょうか。

 

しかし、民間資格だからといって、キャリア形成にまったく役立たないとは言い切れないのです。TOEIC、簿記検定、パソコン検定などは、業務に直接役立つことが多いため、就職にも有利とされています。

 

一方、ご当地検定のように、うんちくを傾けることに重きを置いて、事実上、キャリア形成にはなんら役にたたないものも多く存在します。

 

資格選びをする際には、趣味でとるのか(これはこれで、いいことですよ)、キャリアアップに活用するのか、将来の職業にするのか、方向性をきっちりきめたいものです。

関連ページ

通信講座を活用する
通信講座を活用すると資格も取得しやすくなりますね。
資格を取得しよう
資格を取得しよう。就職すると絶対必要な資格があります。資格があれば就職にも役立つ可能性があります。
最近の人気の資格をズバリ紹介します
最近の人気の資格をズバリ紹介します、ま、時代によって変わりますが。。
就職・転職に役立つ資格を紹介
就職・転職に役立つ資格を紹介します。
専門学校を選ぶ前に
専門学校を選ぶ前に、これだけは抑えたいですね。
ユーキャン 人気の秘密
ユーキャンの人気の秘密は、こんなところにありました♪