転職の前に考えること

MENU

転職の前に考えること

転職の前に考えるべきことは、なんといっても、転職の目的でしょう。転職の目的がはっきりしていなくて、成功するわけがありません。

 

また、目的が不明瞭であればあるほど、履歴書や職務経歴書の焦点がぼけます。
よく目的を絞って行動におこしたいものです

 

さて、転職の目的は、年代にもよりますが、若い方の場合ですと、キャリアアップの実現になるでしょうか。キャリアアップにはもちろん報酬アップ、待遇アップも含まれます。
日本のプロ野球選手がメジャーリーグへ行ったり、サッカー選手が海外クラブに行くのも同じですね。

 

特にプロ野球選手は、FA(フリーエージェント)権を獲得するのに10年もの間、待たなくてはならないのです。もちろん、その間、第一線で、働いていないと、FA権をとってもメジャーからお呼びがかからない、なんてことになります。

 

このように成功する転職とは、転職の目的がしぼられていることを前提として、新しい会社で、あなた自身のキャリア・資質を提供できることです。このように、会社と人材がピタッとマッチすれば、win-winの関係になります。

 

これは、なにも、今の会社での不満を我慢せよ、というわけではありません。
自分がなにを不満に思っているのか、労働対価としての給料が安いのか、はたまたポストがつまらないのか、をしっかり分析します。

 

自分の実力を把握した上で、他の会社にいけば、自分のもっている得意分野が本当に生かせるのか、報酬は本当に上がるのか、給料が上がっても労働環境は劣悪になっていないか。。

 

このように日頃の不平や不満でも、その中から自問自答することによって、転職本来の目的に転化させることができます。

 

転職を考える前に、得意分野や転職の目的をしっかり把握してから、転職活動を始めるべきでしょう。

関連ページ

転職理由をよく考える
転職理由をよく考える,そのくらい転職理由は大事です。
転職の志望動機を考えてみる
転職の志望動機を考えてみる,、新卒よりも大事かもしれません。
転職面接突破法
転職面接突破法を紹介しましょう。
退職理由
退職理由を真剣に考えましょう。
転職活動、履歴書の書き方
転職活動の履歴書の書き方をまとめてみました。
職務経歴書 自己PR書
職務経歴書の自己PR書についてまとめてみました。