転職の志望動機を考えてみる

MENU

転職の志望動機を考えてみる

転職にしろ、就職にしろ、志望動機は明確にしておかなければなりません。

 

それは、面接の際にこんな質問が多いことでもわかります。

 

「あなたが当社を希望した理由を教えてください」
「あなたがこの仕事をしようと考えた理由はなんですか」
「あなたがこの業界で仕事しようと思った理由を聞かせてください」

 

これらは、会社面接時の定番ともいえる質問で、いわゆる志望の動機を確認しているわけです。

 

ここで注意しなければならないのは、新卒者の場合と違って転職者には、より詳しい志望動機が求められるということです。

 

新卒者は、バイトを除き、仕事の実務経験はまずありません。
しかし、転職者は違います。
前職の社会経験があるわけです。
しかも、転職者に求められるのは、即戦力というものです。

 

ですから、新卒者よりも、応募する会社の事業内容、取り組んでいるプロジェクト、業界全体および業界の環境、仕事の内容を詳しく調査する必要があります。

 

自分は応募する会社のどの仕事に対して、キャリアが生かせるのか。
業界はどうか、その環境はどうか、などを幅広く情報を収集して、志望動機に反映させます。

 

しかも、わざわざ転職してくる必要があるのか、という面もあります。前の会社では、なぜ生かせなかったのか、も大事ですね。ですから、仕事の中身と転職者の適正をどれだけ把握しているか、は重大なポイントになります。

 

どこの会社もいったん採用した人間を、長く雇用し、できるだけ企業に利益をもたらせてほしいと考えています。

 

上記の点を網羅するような志望動機を組み立てていれば、業界の動向を正確に把握しているかのような質問でも、すんなり答えることができます。

 

そして、前職の仕事に関する理解度・当該業界への関心度が高いものと評価されるでしょう。

 

そして、応募者自身が、どの程度当社についてどれだけの知識・理解をもっているか、なんのために転職してくるのか、などの質問にもスムースに答えることができるようになります。

関連ページ

転職の前に考えること
転職の前に考えることは、こんなことです。
転職理由をよく考える
転職理由をよく考える,そのくらい転職理由は大事です。
転職面接突破法
転職面接突破法を紹介しましょう。
退職理由
退職理由を真剣に考えましょう。
転職活動、履歴書の書き方
転職活動の履歴書の書き方をまとめてみました。
職務経歴書 自己PR書
職務経歴書の自己PR書についてまとめてみました。