転職面接突破法

MENU

転職面接突破法

転職の面接を受ける前にまず、目的や志望動機を明確にしておく、ということは先にお話しました。

 

その際に、かならず面接で聞かれる質問も具体例でいくつか書いておきました。

 

「当社を応募した理由」

 

などの質問がそうです。これは、前職から、当社へ「わざわざ転職してくる理由」を知りたいわけですね。前の会社にはなかったが、当社には「ある」ものを求めて転職者は応募してくるわけです。応募者が求めている当社の「ある」ものを知りたくて、面接担当者は、質問するわけです。もちろん、応募者の当社への、あるいは業界への関心度も図りたいわけです。

 

企業としては、利潤をもたらせてくれる従業員になるわけですから、当然熱意があって前向きに転職をとらえている人を欲しいわけです。

 

間違ってもこのような質問、「当社を応募した理由」に、待遇が前と全然違うとか、有名企業だからとか、よりいっそうの安定を求めてとか、答えてはいけません。

 

このような答えをホンキで答える人は、転職の目的や理由づけ、志望動機の絞り込み、自己の現状認識がアマイとしか言えません。

 

もういちど、転職の目的をじっくり考えましょう。これが出来上がるまで転職活動をしてはいけないのです。

 

また、同じような転職者の面接で定番の質問は、

 

「この仕事を特に選んだ理由」

 

ですね。これは、新卒者と違って社会経験のある転職者でも、応募者自身が、まだ前職で経験していない仕事を応募した時によく尋ねられる質問です。

 

未経験なのに、「なぜこの仕事えらんだの?」と思う方が自然ですよね。

 

未経験なのに、この仕事をえらんだ理由を聞くことによって、その仕事に対する認識や適性を見極めようとする質問と考えます。

 

そして、「前の会社をやめた理由」も定番です。

 

この質問の意図は、わかりますよね?

 

そうです、面接官は、「同じ理由で、やめやしないか」不安なのです。
ですから、この質問に対しても、客観的に見て、「ああなるほど」という答えを用意しなければなりません。そもそも、会社を辞めた理由は千差万別ですが、転職を決意した理由は、「あなただけのオリジナル」です。

 

面接官が納得するような、転職理由を、徹底的に考え抜くことが大切です。

関連ページ

転職の前に考えること
転職の前に考えることは、こんなことです。
転職理由をよく考える
転職理由をよく考える,そのくらい転職理由は大事です。
転職の志望動機を考えてみる
転職の志望動機を考えてみる,、新卒よりも大事かもしれません。
退職理由
退職理由を真剣に考えましょう。
転職活動、履歴書の書き方
転職活動の履歴書の書き方をまとめてみました。
職務経歴書 自己PR書
職務経歴書の自己PR書についてまとめてみました。