退職理由

MENU

退職理由

転職の際、新しい会社への採用面接のポイントは、前職の退職理由でしょう。新しい人を採用したのはいいが、また同じ理由でやめてしまうのではないか、という不安もあります。また、面接官も、サラリーマンですから、興味があるわけです。

 

ここで、転職面接時の退職理由の受け答えについて考えましょう。

 

基本は、前会社退職の理由を隠さず、具体的な回答をすることです。

 

いくら具体的と言っても、前の会社の待遇に対する不平や不満、ぐちなどはもちろん、論外です。こうした話題にはできるだけ避けましょう。しかし、多くの場合、今の会社の不満が、転職のきっかけになるのも事実ですよね。そんなときには、こう回答するとよいでしょう。

 

前職で、感じた組織や業務・待遇に関する不満をわたしは、こう乗り切ってきて、円満退社することができました。。

 

このように答えることで、どこの組織も抱えている困難を乗り切ったあなたをPRすることができます。

 

やっかいなのは、人間関係で悩んで、転職を決意した場合ですね。人と人の関係は、どこの会社でも難しいものです。また、人間関係の場合、客観的に面接官が判断しにくいので、答え方が難しいという面もあります。さらに、なかなか転職の志望動機につなげられないということもあります。このような場合、転職の前に、転属や配置転換、上司との面談をじっくりおこなったほうがいいのかもしれません。その結果、転職という判断をしたのならば、その経過を面接で軽くお話しするのもいいでしょう。

 

もちろん、転職の目的をしっかりと定め、志望動機も絞り込んだ人には、退職理由のことはおそるるに足りません。はっきりと、自分の大きな人生の目標(幸福になる)を達成するためのひとつの手段として、御社の仕事を通じて、キャリアアップしたいし、会社にも貢献したい、と堂々と答えればよいのです。

関連ページ

転職の前に考えること
転職の前に考えることは、こんなことです。
転職理由をよく考える
転職理由をよく考える,そのくらい転職理由は大事です。
転職の志望動機を考えてみる
転職の志望動機を考えてみる,、新卒よりも大事かもしれません。
転職面接突破法
転職面接突破法を紹介しましょう。
転職活動、履歴書の書き方
転職活動の履歴書の書き方をまとめてみました。
職務経歴書 自己PR書
職務経歴書の自己PR書についてまとめてみました。